もちやまの里の行き方(改訂版)

新しくしました。よろしくお願いします。


御殿場線南御殿場駅から御殿場駅寄りの踏切を渡ります。











30キロ制限の方向に進むと左手に愛宕神社があります。


















右を向いてしまうと諏訪神社の参道ですがこちらは間違いなので、右にはいきません。









緩やかな左カーブの下り坂をY字路まで進みます。










写真の道が見えたら右に行くと浄水センターです。

ここから少し注意深く進みます。

道路の左側に注意しながら浄水センター方向に進みます。







すでにクエストは始まっています。

まずはこの小路を発見しましょう。


自動車一台分の目立たない道です。










わだちの道を進み、右手の廃材置き場が見えてきたらそこを曲がります。



曲がった先は下り坂になっています。

道なりに進むと駐車場が見えてきます。


午前9時から17時まで解放されています。


まずはお疲れ様でした。






さて、ここの駐車場まで来ると親水公園(と名称がありますが、実は公園ではなく遊水地の一部)がすぐそばに見えます。

そこは、もちやまの里からはだいぶん離れた場所になっています。


なので来た道を引き返して、






こんな形でもちやまの里へ向かうようになりますが


それ以外の方法もあるかもしれません。


念のため危険な場所を説明しておきます。


親水公園はこの柵の手前までとなります。

この先は

関係者以外立ち入りご遠慮ください

となっています。








こんな感じ。

これは浄水センターの職員で取り付けたものですが、

「この先は私有地だから立ち入り禁止」

なのではなく


マジのガチで危険だからです。

ネイチャーな感じで危険です。




一部を載せておきますが、これは禁止区域の左側

「わーキレー」でフラフラ近づくと

急流にドボンします。

注意。

他にもこの写真の反対側は崩れやすい盛り土なので、崩れると……。

後はわかりますね。




もちやまの里は

「自然をそのまま体験」する場所です。危ない部分も̪見て、知って、学んでほしいという想いで最低限の整備にとどめてある場所です。


エンジョイ&エキサイティングの気持ちで楽しんでいただけたら幸いです。


ここまで読んでいただきありがとうございます。


編集 竈区 森﨑総合療術院 柔道整復師 森﨑 有紀


81回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now